車庫証明入門

車庫証明を自分で取得する為の申請手続きに必要となる必要書類の一覧、書類の入手方法、車庫証明取得条件や取得にかかる費用について初心者向きに解説しております。

◆諸経費・諸費用の解説一覧

◆車庫証明の代理取得費用について
 車庫証明の代理取得費用には実は決められた金額という概念がありません。ですから何も知らずに依頼をする形となっている場合は実費として必要となる手数料部分の相場もわからずに高額な費用を負担している可能性もあります。現実的には新車をディーラーで購入した場合は、無料サービスで行ってくれる店舗も多くあります。新車は利益率も高く、自動車価格の交渉をされるくらいなら、付加サービスを提供・・・・続きを見る


◆手数料は収入印紙で納税する
 車庫証明の申請手続きを行う際に必要となる諸費用について見ていきましょう。まず、自動車保管場所証明書(車検証)の交付に関する費用。車検証の交付申請は管轄警察署で行いますが、車検証の交付申請を行う際に手数料が発生します。交付の手数料とは厳密的には納税費用を表します。ですから納付は収入印紙を購入し申請書類に添付する形で納税・・・・続きを見る


◆代行との差額は幾ら?
 自分で車庫証明の申請手続きから標章交付手続きまで行った場合。実費としてかかる経費は手数料の約3000円程度です。では、車庫証明の取得を代行依頼した場合の費用は幾ら程度かかるのでしょうか?この代行費用は金額が決まっていない為、相場も大きな開きがあるのが実情といったところでしょうか?相場で見ると・・・・続きを見る


◆市町村の独自の審査に通過する必要がある
 市営住宅など市町村が運営している住宅の場合について確認していきましょう。このように市町村が運営している住宅の場合は、各地方自治体によって取り決めが異なるのでしっかりとした確認が必要です。管轄警察署で車庫証明を取得する際は、「保管場所使用承諾証明書」・・・・続きを見る


◆もし車庫証明・保管場所標章を紛失してしまったら?(豆知識)
 もし車庫証明を紛失してしまった場合。この場合は管轄警察署に車庫証明を紛失した旨の届け出を行い再交付を受ける必要があります。基本的に車庫証明は滅多にチェックされるものでもないので至急手続きを行う必要があるとは言えませんが、気になる方はしっかり届出を行い再交付・・・・続きを見る